技術で目指せ、日本一。

社員紹介:技能職 鉄工

WHY MECT?

天職との出会いは、
どこにでも転がっていたりする

私が卒業したのは地元の水産高校でした。クラスは製造科であり、ほとんど機械科と同様の勉強をしていました。就職する時期を迎えたとき、親から三菱化学(現・三菱ケミカル)の大きな工場を保守する仕事があると勧められたのがエムイーシーテクノでした。実は、社員に親戚がおり、社風の良さやきちんとした新人教育があることも人づてに聞いていて、私としても安心感がありましたね。とはいえ技術が身につけられること以上に、三菱グループである点が魅力的だったことを覚えています。ですから当時は、仕事に対する深い考えがあったわけではないので、まさに天職と思える今の仕事に出会えるとは思ってもみませんでした。

MY WORK

プロフェッショナルであることが
求められ続けている

エムイーシーテクノにおける鉄工の仕事は、プラントの修繕に必要な金属の部材を加工し、取り付けまで行う業務を指します。配管や製缶のために鉄のパイプや鋼板を切断・溶接をするだけではなく、装置を設置する架台や足場、階段、手すりなども作成します。

そんな作業の中で、最も技能の質が問われるのが「溶接」です。金属同士を、きれいに素早く確実につなげる。それが上手くいかないと、強度や性質が一定に保てず、早期に老朽化したり、不具合の原因にもなります。

普段は、管理スタッフから届く作業指示に従ってチームで割り振りながら業務を進めますが、技術的に難しかったり、特殊な溶接が必要な場合は、鉄工のマイスターである私に指名が入ります。例えば、管の内側に影響が出ないように溶接しなければならない場合や、取り付け箇所が直視できない位置にあって、鏡に映しながら溶接しなければならないといった特殊な条件の場合などは、一定水準以上の技術が求められます。自らのプロフェッショナリズムがものづくりを支えていることを実感できる瞬間は、仕事のやりがいを感じる瞬間でもあります。

EPISODE

考えながら何度も試していくと
技術が少しずつ自分の中に定着する

毎年催されている溶接技術を競うコンクール。これまで私は10回にわたって上位入賞を果たすことができました。その結果、地元の香川県の溶接技術のマイスターに任命という栄誉も授かりました。それは全国大会で2年連続1位になったこともある先輩に師事し、その先輩にいつか追いつきたいという強い思いで、技術を磨いてきたからこその成果だと思っています。

自分より上手い技能者の作業を観察し、貪欲に教えを請うことを継続してきました。その原動力は他の人間に負けたくないというライバル意識だったかもしれません。当時は仕事が終わってからも練習を重ねることを自らに課していました。言われた通りにするだけではなく、自分で考えながら何度も試していくことで、技術が少しずつ自分の中に定着していくのが分かるのです。プロの鉄工として自信を持てるようになるまでに、私の場合は10年ほど掛かりました。溶接は本当に奥深い技術だと思います。

FUTURE

みんなで見よう、日本一になる夢を

私の全国大会での最高位は2位。残念ながら頂点には立つことはできませんでした。その夢を今は、私が指導する4名の若い部下に託しています。溶接技術は属人的な要素が強いものであるため、そのノウハウは、人づてに伝承していかなければ、やがて廃れてしまいます。逆に考えれば、一人でも多くの人間を溶接のプロに育て上げることで会社全体の技術力が向上していくのです。それに気づいてから、私の興味は、自らの技能の向上ではなく、若手の育成にシフトしました。一昨年は私の部下が県で優勝し、全国で20位に入り、昨年は別の部下が県で2位にランクされました。現在はさらに上を目指すべく、チーム一丸となって技術研鑽に取り組んでいます。

MESSAGE

どこにでも通用する技術が身に付く

エムイーシーテクノは鉄工の溶接に限らず、配属先ではどこに出ても通用する確かな技術を磨くことができます。先輩たちも後輩の育成・指導には熱心です。向上心のある方でしたら、満足のいくキャリアを必ず築けるでしょう。

MUST ITEM

溶接マスク

かれこれ10数年も使った溶接マスクは、強い光や熱から目と顔を守る、仕事に欠かせない愛用道具です。使っているうちに傷や汚れがたくさんついてしまいましたが、その分だけ自分の体の一部のように馴染んでいます。

PRIVATE

家族で出かけてリフレッシュ

いろんな趣味をかじりましたが、今は特に熱中しているものはありません。それよりも休日に家族で出かけることが何よりのリフレッシュです。でも、大事な仕事を任されている時は、ふとアイデアが頭をよぎります。

PAGE TOP
PAGE TOP