システムが稼動した瞬間、確かな達成感がある。

社員紹介:スタッフ職 制御システム

WHY MECT?

これからの社会に
さらに必要とされる分野だと思う

中学生の頃から自動車関係の仕事をしたいという思いがあり、高校はモノづくりの基礎を学ぶため機械科へ進学。そこで製図や設計の授業を受けるなかで、機械への興味を深め、大学へ。大学では工学部で流体力学に基づいた3DCADでシミュレーションを行い、車体周辺の空気の流れについて研究をしました。就職活動は、自動車メーカーや部品メーカーの製品設計の職種のほか、自らの専門分野である機械工学の知識を生かせる業種も視野に入れて活動を実施。そんななかで当社を選んだ理由は、工場の自動化が進むなか、電気設備や制御システムなど、工場の自動化が進んだとしても人が担う必要のある分野の事業を行う企業であること。そして、三菱ケミカルエンジニアリングのグループ会社であること。これからの社会にさらに必要とされる分野だと思い就職を決めました。

MY WORK

操作画面には見やすさや、
分かりやすさが求められている

現在の主な業務はPCで動作させるSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)ソフトでの監視操作画面を表示するためのソフトウェアの設計製作です。SCADAとはコンピュータによるシステム監視とプロセス制御を行うシステムのこと。プラントの制御装置であるPLC(Programmable Logic Controller)に集約された温度、流量、バルブ、モーターなどについて、一度に多くの情報を確認できるようにすることで、プラント設備を効率よく稼働させることができます。監視操作画面は、工場で働くさまざまな運転員が見るものでもあるため、見やすさや、分かりやすさが求められます。ユーザーの要望を踏まえながら、さらに情報の配置、配色などに工夫を凝らしながら、より良い操作画面の設計を行っています。

ソフトウェアの設計製作はユーザーとの仕様の打ち合わせからスタートします。その後、設計、製作、現地での立ち上げ、さらにアフターフォローまで一貫して担当します。ユーザーと相談しながら自分たちで仕様を決めるので、現地導入時に問題なく稼動した瞬間は、いつも達成感があります

扱うシステムの種類が多岐にわたるため、PLCの他にも現場に設置されているあらゆる機器に関する知識も必要となります。今後の業務の幅を広げていくために知識を増やすことはとても大切です。一つひとつの仕事を通じて、自らの知識を増やしていきたいと考えています。

EPISODE

入社2年目、
初めて主担当として仕事をする

入社2年目に主担当としてソフトウェアの設計製作業務を経験しました。それまでは主担当者の経験はなく、先輩社員のもとでしか仕事をしたことがなかったため、当時は知識も少なく、部内の先輩たちに相談しながら、なんとか完成に漕ぎ着けることができました。この経験を通じて、仕事で何が求められているのか、あるいは自分には何が足りないかが明確になりました。たとえば製作期間やデバッグ期間などのスケジュール管理の大切さや、書類やソフトウェアのリビジョン(修正)の管理の重要性などです。この経験を糧に「納期や立ち合いの日程から逆算しスケジュールを立てる」、「書類は混ざらないようにその都度ファイリングを行う」、「製作途中のソフトはリビジョンをつけこまめにバックアップをとる」ことを徹底するようになりました。今考えるとできて当然のことですが、当時は目の前の業務をこなすことで精一杯でしたね。

FUTURE

マルチエンジニアとして
客先からも社内からも
信頼される人材になりたい

入社から約4年間、主にPC担当として業務をこなしてきました。SCADAソフト製作において、一人でこなせる部分も増えてきたので、今後はPC専門のエンジニアとして成長するだけではなく、部署内の他業務もこなせるマルチエンジニアとして、職場内での信頼、客先からの信頼の両方を得られる人になりたいです。「この人にソフトを頼めば大丈夫」や「この人に依頼したい」などと言ってもらえるようになり、エムイーシーテクノの社員として会社に貢献し、会社に必要とされる人材になりたいと考えています。

MESSAGE

自分の目指す分野以外の企業の説明会に参加すると新しい発見や就活で為になる話を聞けることがあります。ある程度の数を経験すると、経験が得られるかもしれません。

MUST ITEM

SCADAソフトウェア「PA-Panel6」

入社当初より使う機会が多く一番使い慣れたSCADAソフトウェアです。言語プログラムは大学時代から苦手な分野ではあったのですが、数をこなしていく中でかなり自由に組むことができるようになってきたので今ではかなり重宝しています。

PRIVATE

家族との時間を大切に

学生時代はテニス三昧で、社会人になってからもテニスは趣味として続けており、ウィークデイでも仕事が終わってから同僚とテニスコートに繰り出することも。しかし最近、子供も生まれたこともあり、家族でショッピングや散歩など家族と過ごす時間を大切にするようにしています。

PAGE TOP
PAGE TOP