大きなものをつくり、育てる。

社員紹介:スタッフ職 設計

WHY MECT?

大勢の力で大きなものをつくり、支える

昔から機械いじりが大好きで、幼少時はミニ4駆などメカニカルなおもちゃでよく遊んでいました。将来はエンジニアになりたいと考えて高専の機械科へ進学。高専では機械の制御技術を学び、専科まで進んでディーゼルエンジンの廃熱回収を研究しました。普通なら自動車メーカーなどへの就職を志望するところですが、地道な研究ばかり続けてきた反動もあり、何か大きなものをみんなでつくる仕事がしてみたいと考えていました。地元の企業ということで三菱ケミカル水島工場を見学させてもらった際に、エムイーシーテクノの方から「プラントのメンテナンスがメインだが、設備をゼロからつくる仕事もある」と聞き、ここなら自分がやりたい仕事ができそうだと感じて就職を決めました。

MY WORK

やりたいことと適性を踏まえ
設計に自分の生きる道を見出した

入社後、九州事業所の機械工事部に配属され、当初は機械工事スタッフとして社会人生活をスタートさせたのですが、新入社員研修の際にかじった設計の面白さが忘れられず、設計部門への異動を希望しました。自分は物事をじっくり突き詰めて考えるタイプなので、設計業務の方が向いていると考えた故の決断でした。

現在、私が担当しているのはプラント配管と機械構造物の設計です。工場は巨大な設備とそれをつなぐ複雑なパイプラインで構成されています。そうした配管の詳細設計と各種設備を載せるためのステージ・架台などを設計するのが私の仕事です。さまざまな制約がある工場内に、各種配管や構造物を問題なく収めるためには、緻密な計算が求められます。まず現場の確認を行い、必要な条件を満たすための仕様・構造を考え、図面に落とし込みます。自分が設計した構造物が少しずつ形になって出来上がっていくのを見るときの嬉しさは、何物にも代えがたいものがありますね。

EPISODE

「こんな図面、初めて見たぞ」
社内からの指摘に自らの未熟さを知る

設計者として仕事を始めた入社2年目の頃の話です。配管を支えるためのサポート部の設計を担当したのですが、施工不可能な設計をしてしまったことがありました。鋼材はその形状によって組み方が決まっていますが、時間に追われ十分な確認をせずに作業を進めたこともあり、基本的なルールを無視してしまったのです。このときの発注者は会社内の工事部門であったため、施工責任者に「こんな図面、初めて見たぞ」と笑われただけで済みましたが、社外からの仕事でこんな設計をしたら一発で信用を失ってしまいます。自分の仕事の責任の重さを痛感するとともに、二度と同じような失敗はするまいと心に誓いました。それからは誠実をモットーとし、一つひとつの仕事に誠意をもって向き合うよう心掛けています。最近は自分を指名して設計の注文が来ることも多くなりました。お客さんに信頼してもらえるようになった証拠かなと密かに喜んでいます(笑)。

FUTURE

グループ外や海外の仕事にも取り組んで、
どこでも通用する設計者になる

これまで自分が手掛けてきた仕事の大半が三菱ケミカルグループ内からの発注。同じグループの会社ということで、新人の頃からお客さんたちには非常にかわいがってもらえました。それは非常にありがたいことでしたが、今後はグループ外の仕事や海外の仕事にも積極的に挑戦したいと思います。以前、インドのプラント建設を手掛けた先輩から当時の体験談を聞き、チャンスがあればぜひ自分も行ってみたいと思っています。また自分のスキルをさらに高めて、受け身の仕事ばかりでなく、自分の方からお客さんに設計プランを積極的に提示していくような提案型の仕事もしていきたいと思っています。

MESSAGE

いろんな専門分野が生かせる職場

プラント工事は、設計はもちろんのこと、機械や塗装、金属加工、据付、電気などいろんな専門分野の人が関わります。技術系の人なら必ずどこかに自分の得意分野を活かせる場所を見つけることができるはず。皆さんと出会えるのを楽しみにしています。

MUST ITEM

CADソフトウェア「AutoCAD」

設計図面はすべてパソコン上でCADソフトを使って描き起こします。会社に導入されているCADソフトは、偶然にも高専時代に使っていたのと同じ「Auto CAD」。戸惑うことなく使えたのですぐに仕事に慣れることができました。自分の良き相棒です。

PRIVATE

家族と過ごす

学生時代は中型バイクで全国各地をツーリングするのが楽しみでしたが、結婚し、子供も生まれた今は、バイクは通勤用のカブのみ。休日は二人の子どもと遊んだり車で家族とドライブを楽しんだりしています。

PAGE TOP
PAGE TOP